オンリーワンスクールって何?

WHAT ONLY ONE?

オンリーワンスクールとは?

社会に出た後やビジネスで必要になる能力や考え方を育てる学習塾です

5歳〜中学・高校生、さらには大学生や社会人まで学べます。
下記図表にあるような能力・考え方をバランス良く、専用のプリント教材で学んで行きます。
2020年から、100年に一度と言われる大学入試改革が行われようとしています。
大学入試が変われば、その手前に位置する中学・高校入試も変わります。

入試が変わる!?

そんな入試改革にも対応した学習塾です。

能力、考え方

これからの社会を生き抜く上で必要な学力とは?

我々は、人間が本来持っている4つのスキル(能力)のバランスだと考えています。
人間は大きくわけて4つのスキルを持っています。
その4つのスキルの中で最も重要なものが全ての土台となる下図のピラミッド1の価値観(ビジョナルスキル)であり、その中でも特に「物の見方・考え方」です。

就職・仕事にはもちろん、社会を生き抜く為には下図の「4つのスキルのピラミッドバランス」が大切です。

図のように、2の人間性や、3の活用力4の知識などを支える土台は、1のひとりひとりの物事や 人間に対しての価値観や考え方です。
従って、社会変化に対応した価値観や考え方をきたえながら、2の人間性や、3の活用力を高め続けることが大切です。
最近、4の知識、資格、免許などだけでは現代社会を生き抜くことが難しくなっているのは、国際化、情報化など大きな社会構造の変化の中で1〜3の物の考え方や活用力、それらを統合した人間力などの要求が高まっていることが大きな理由だと考えられます。

4つのスキル
1ビジョナルスキル
物事への見方、考え方、○○とは何か?
△△と□□の関係はどうか?を探求する力
2ヒューマンスキル
3つのコウ(好奇心・肯定心・向上心)、優しさ、発想、感性、勇気、意欲、倫理感、強調性、責任感、ストレス耐性、チャレンジ精神など。
3コンセプチュアルスキル
思考力、分析力、表現力、提案力、説明力、議論力、交渉力、洞察力、論理力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力など
4テクニカルスキル
知識、資格、免許など

これからの社会を生き抜く上で必要な能力・考え方を育てる学習塾

オンリーワンスクールの特徴

オンリーワンスクールの目指す目標

オンリーワンスクールは、小学1年生〜社会人に至るまで一貫したプログラム(教材)があるのが特徴です。
オンリーワンスクールは下記の能力を育成することを目標としています。

自分らしい物の見方、考える力
自分らしい物の見方、個性的に考える力を育てます
コミュニケーション能力
人間の学力で重要な、"聞く"、"話す"のコミュニケーション力を育てます
知識活用力
知識を使って考える活用力を育てます
問題発見力・解決力
実社会で必要な、問題発見→解決力を育てます
適切な判断力
自分で客観的に適切に判断出来る力を身につけます
具体的に考える力
物事を具体的に考える力を育てます
プラス思考・チャレンジ精神
プラス思考とチャレンジ精神を重視します
変化対応力
時間と変化の関係について学び、変化対応力を育てます

学習方法・内容

具体的なオンリーワンスクールの学習方法及び内容は次の通りです。

01オリジナルの教材を使った学習

1.各種プリント(2,300種類以上) 答えがひとつではない問題に対して自分らしく考えて発表したり、文章にまとめる力・発想力と思考・分析・表現などを伸ばします。
オンリーワンスクール生の実際のプリント例
2.たんごビンゴゲーム 年末には楽しいたんごビンゴゲーム大会を開催!このゲームはひとつひとつの情報の組み合わせにより発想力や表現力などを伸ばすオンリーワンオリジナルのアナログゲームです。

02対話・議論・プレゼンテーション

オンリーワンスクールで最も重視するのが、“聞く力”、“話す力”を伸ばすことです。
相手の話や質問をしっかりと理解する力と、自分の考えをわかりやすく相手に伝える力の2つの力を伸ばします。又、ひとつのテーマについて自ら賛成・反対の立場や、その理由を明確にした上で意見を言ったり、他人の意見からも学びます。

03問題発見→解決学習

さまざまな問題を発見し、どのように解決すればよいか?基本的なフレームワーク(問題解決法)の考え方を学び活用できる力を養います。

04作文・小論文学習

「作文と小論文」の考え方・書き方などについて多面的に学習します。

05ロールプレイング

お店とお客様の役割を演じることで、よりよいコミュニケーション力や対人力を学んだり、オンリーワン銀行に対して自店の計画を立案した上で模擬的に資金の交渉などを行います。

06世の中学習

政治・経済・国際情勢・現代史など、新聞やDVDなどを使い世の中の基本的な事柄について学び、合わせて当スクールで毎日新聞社主催の「時事能力ニュース検定」試験やその対策も行ないます。

07面接学習&エントリーシート

「面接とは何か?」「面接に必要な力は何か?」などについて多面的に学習します。又、就職に不可欠なエントリーシート作成の基本を身につけます。

08キャリアサポート学習

自己分析から将来の仕事や生き方について、業界・職種・仕事の意味・意義や、その内容、ベンチャー起業への考え方、実社会で求められる人物像、景気の動向と予想など最新のキャリア教育についてあらゆる角度から考えます。

それぞれの年齢で、具体的に下記のような内容を学んで行きます。

ジュニアコース

発想力、基本学力、作文・記述力(表現力)、分析力、コミュニケーション力

キャリアサポートコース・ビジネスコース

自己PR力、人間・社会探求、企業力、面接力、議論力、仕事研究、業界分析、フレームワークの活用、変化対応力

レギュラーコース・ファミリーコース

思考力、分析力、表現力、提案力、説明力、議論力、交渉力、洞察力、論理力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力など

実際のプリント例

小学校低学年発想力と基本学力を育てる

全ての力の基礎となる発想力を育て、言葉数を増やします。
発想したことばを「つないで文章にする」「グループに分ける」「掘り下げて考える」の練習を通じて「しっかり考える力」を育てます。
下記のプリント例は、「事実」と「意見」に分けて考えたり、あるテーマについて自由に発想した言葉を使って、文章を記述し、事実・意見・希望に分けて考えています。社会に出て仕事をする場合も、事実と意見を分けて相手に伝えることは重要ですよね。また、ブレーンストーミングを行い、それを分類したり、まとめたりすることで、今後の方向性を考えるというようなことは、仕事上よく行われます。そのように社会にでて仕事をする上で必要、または重要な能力を小学校低学年から育てていきます。

小学校低学年 プリント例

小学校高学年論理的思考力や作文力を育てる

低学年で学んだ基本学力を活かし、論理的思考力やまとめる力、作文力などを育てます。
下記のプリント例は、物事を比較し、その理由を記述したり、論理展開のトレーニングを行なったりし、最後は作文・小論文を完成させています。
社会で仕事をすると、比較と選択の連続であると言えます。例えば営業職であれば、どの顧客層をターゲットにするか?、どの媒体で広告を出すか?、どのような手段を使ってアポイントをとるか?などなど。そして、それらは、費用・時間対効果を理由として考えられることが多いですよね。また、コミュニケーションをとったり、商談の場面では、論理展開が必要になったり、自分の意見を理路整然と伝えなければなりません。
そのような社会に出て必要・重要な能力を小学校高学年で育てるのがオンリーワンスクールです!

小学校高学年 プリント例

中学生社会力を育てる

世の中の変化や仕組み(政治・社会・経済など)、出来事などを多面的・本質的・長期的に考えたり、さまざまなフレームワークを使って考える力を育てます。
下記のプリント例は、自分自身が経営者になったつもりで経営計画を具体的に考えたり、「仕事」というテーマについて、関連するものとの関係性を考えたり、「電気自動車」というテーマについてメリット・デメリット、作られた理由など、掘り下げて考えるというものです。
社会の仕組みや出来事をテーマとして取り上げ、さまざまな面から考える力を育成しようとしています。
経営計画は社会に出て、まさしく必要になるものですし、仕事ではさまざまな関係者との中で調整を図っていかなければなりません。関係性を考えるプリントはそのような能力を育てるという目的もあります。

中学生 プリント例

高校生〜大学生人間力・キャリア力を育てる

業界分析なども行いながらビジネスに必要な力を養います。また大学入試や就職活動に必要な自己分析・PR、アドミッションポリシーやエントリーシートを活用した実践学習を行います。
下記のプリントは、ビジネスの重要な力を具体的に考えさせることで、自分自身の能力開発につなげたり、エントリーシートやアドミッションポリシーを活用し、自身の強みや弱み、企業や大学に対し、どのようにアピールするかを考えています。
実際の就職活動や大学入試に必要な実践学習をすることを通して、その後の自分自身の能力開発や成長に気づきを得ることもできます。

高校生〜大学生 プリント例

無料体験
実施中